nil-blog 楽しく暮らしましょう...

Blog超初心者が今からやれることをお届けします。

"限定"という言葉に弱いのは、なぜ?【1分間スピーチ|雑学ネタ帳1】

1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタの紹介です。】

希少で価値がある!って、つい思い込んでしまうからです。

私たちは、どこでも入手できるものは価値低いと感じ、数が少ないものほど価値高いと考えがちです。

 

お店で「1日5食限定の特別メニュー」の表示が目に飛び込んでくると!

f:id:nil-blog:20190912082509p:plain

 

今がチャンス!と思い、もし残っていると、つい注文することがあります。

 

特別」とか、「限定」とか、「残りわずか」などの言葉を見たり聞いたりすると、つい刺激されて購入してしまいます。

 

 

なぜ? 「限定」という言葉弱いのでしょうか?

 

冷静に考えれば、それほど欲しいものでないのに、限定と言われると、「今しか買えない」と考えて、つい価値があると錯覚してしまうのですね。

 

心理学では「希少性(きしょうせい)の法則」と言われ、相手希少価値があるものだと信じ込ませるテクニックです。

 

もし「限定」という言葉を見かけたら、一度冷静になって考えるようにしたいものです。

 

=== ここまで約330字です ===

 

補足説明

ご家族お友達プレゼントをする場合は、もし高価なものでなくとも、希少性のあるものをイメージさせることで、相手の気を引くことができ、ポイントもあがります。
お誕生日、記念日、デートなどで使うと、必ずあなたの存在感を大いにアピールすることは間違いありません。
是非ご利用してポイントを上げてください。

 

>>> 1分間スピーチ!雑学ネタ帳の一覧表は  こちらから どうぞ。

 

まとめ

会社や集会などでスピーチに困ったことはありませんか?

人前で話すことが苦手な人に、1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタを紹介します。

1分間に話す文字数の目安は300字と言われています。

スピーチが不慣れな人は、300字よりも少なめの文字数で準備し、落ち着いて少しゆっくり目に話されることをお勧めします。

3分間スピーチの場合は、その約3倍の900字が目安になります。

くれぐれも時間厳守でスピーチ頑張ってください。 

よろしかったらご参考にしてみてください。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。
次回もよろしくです。