nil-blog 楽しく暮らしましょう...

Blog超初心者が今からやれることをお届けします。

宝くじはたばこ店で販売していることが多いのは、なぜ?【1分間スピーチ|雑学ネタ帳5】

1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタの紹介です。】

全国にあるたばこ店に、宝くじを販売委託したからです!

宝くじは、インターネットで買える時代になり、大変便利になりました。

f:id:nil-blog:20190912091325p:plain


しかし、たばこ店販売しているのを、よく見かけませんか?

f:id:nil-blog:20190912091506p:plain

 

宝くじ第一号は「勝札(かちふだ)」という名前で、終戦直前7月販売されています。


政府は、この勝札の販売に当たって、全国にあるたばこ店に注目し、たばこ販売組合業務委託したことから、現在でもそれを受け継がれ、たばこ店での販売をよく見かけるのです。

 

第一号一枚10円で売り出し、1等10万円でした。

 

当時の銀行員の初任給80円時代でしたので、魅力的だったのではないでしょうか?

 

勝札目的は、戦費調達でしたが、わずか1ヵ月後に終戦を迎えます。

 

ちなみに、その当時の販売の宣伝文句は、「勝札買って戦力増強、当(あた)れば貴方(あなた)の戦意昂揚(こうよう)!」だったようです。

 

=== ここまで約340字です ===

 

>>> 1分間スピーチ!雑学ネタ帳の一覧表は  こちらから どうぞ。

 

まとめ

会社や集会などでスピーチに困ったことはありませんか?

人前で話すことが苦手な人に、1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタを紹介します。

1分間に話す文字数の目安は300字と言われています。

スピーチが不慣れな人は、300字よりも少なめの文字数で準備し、落ち着いて少しゆっくり目に話されることをお勧めします。

3分間スピーチの場合は、その約3倍の900字が目安になります。

くれぐれも時間厳守でスピーチ頑張ってください。 

よろしかったらご参考にしてみてください。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。
次回もよろしくです。