nil-blog 楽しく暮らしましょう...

Blog超初心者が今からやれることをお届けします。

江戸時代の寺子屋って、なに?【1分間スピーチ!雑学ネタ帳7】

1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタの紹介です。】

子供が"読み書き"と"そろばん(計算)"を習うところです!

寺子屋(てらこや)は、庶民子供の男女を問わずに、読み書きそろばんを習うところです。

f:id:nil-blog:20190912093201p:plain

6歳位から5~6年間朝8時頃から昼2時頃まで、月3日休み以外は、毎日通いました。


就学率8割程になります。

 f:id:nil-blog:20190912092807p:plain


当時の大国であったイギリスの初等教育機関では、就学率が2割程であったので、江戸時代は、文字の読み書きや計算能力が、必要不可欠な社会であったことが分かります。

 

 

寺子屋無料ではなく、入学金や毎月の授業料だけでなく、暖房のための炭代、先生のお中元お歳暮など、なにかとお金がかかってようです。

f:id:nil-blog:20190912093435p:plain

 

もし、貧しくとも学習意欲のある子供には、無料で教えることがあったようです。


その場合には、子供は先生の家事手伝いを進んで行って、恩返しをしたようです。

 

=== ここまで約300字です ===

 

関連記事の紹介 

www.nil-blog.com

 

>>> 1分間スピーチ!雑学ネタ帳の一覧表は   こちらから どうぞ

 

まとめ

会社や集会などでスピーチに困ったことはありませんか?

人前で話すことが苦手な人に、1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタを紹介します。

1分間に話す文字数の目安は300字と言われています。

スピーチが不慣れな人は、300字よりも少なめの文字数で準備し、落ち着いて少しゆっくり目に話されることをお勧めします。

3分間スピーチの場合は、その約3倍の900字が目安になります。

くれぐれも時間厳守でスピーチ頑張ってください。 

よろしかったらご参考にしてみてください。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。
次回もよろしくです。