nil-blog 楽しく暮らしましょう...

Blog超初心者が今からやれることをお届けします。

2020年の"土用の丑(どようのうし)の日"って、いつ?【1分間スピーチ|雑学ネタ帳17】

1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタの紹介です。】

2020年は7月21日㊋と8月2日㈰の2回です!

陰陽五行(いんようごぎょう)説による暦では、季節の変わり目を表す立春(りっしゅん)立夏(りっか)立秋(りっしゅう)立冬(りっとう)があります。


季節の変わり目の前の18日間のことを「土用(どよう)」と呼び、4回土用があります。

 

丑の日」のとは、十二支の「丑(うし)」のことで、12日周期で「丑の日」が訪れます。

f:id:nil-blog:20190912114404p:plain

(※十二支(じゅうにし)は、子・・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の総称。)


つまり、「土用の丑の日」とは、季節の変わり目である18日間にある、「」というになります。

 


2020年の「土用の丑の日」は、東京オリンピック開催日の7月24日㊎の3日前の7月21日㊋と8月2日㊐2回になります。

 

ちなみに、2021年7月28日㊌で、2022年7月23日㊏8月4日㊍2回です。

  

=== ここまで約300字です ===

 

>>> 1分間スピーチ!雑学ネタ帳の一覧表は こちらから どうぞ

 

まとめ

会社や集会などでスピーチに困ったことはありませんか?

人前で話すことが苦手な人に、1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタを紹介します。

1分間に話す文字数の目安は300字と言われています。

スピーチが不慣れな人は、300字よりも少なめの文字数で準備し、落ち着いて少しゆっくり目に話されることをお勧めします。

3分間スピーチの場合は、その約3倍の900字が目安になります。

くれぐれも時間厳守でスピーチ頑張ってください。 

よろしかったらご参考にしてみてください。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。
次回もよろしくです。