nil-blog 楽しく暮らしましょう...

Blog超初心者が今からやれることをお届けします。

ハロウィン”Trick or Treat”(トリック・オア・トリート)の返事は、なに?【1分間スピーチ|雑学ネタ帳79】

1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタの紹介です。】

“Happy Halloween”(ハッピー・ハロウィン)や”Treat”(トリート)と言って、笑顔でお菓子を配りましょう!

Trick or Treat”は、「お菓子をくれないと、イタズラするぞ!」と訳されます。

 

それぞれの単語の意味は;

trick”:「イタズラ、わるさ、悪だくみ...」

or”:「それとも、さもなくば...」

treat”:「もてなす、ご馳走する...」

 

直訳すると「イタズラか、ごちそうか」です。

 

元々は“Treat me or I’ll trick you.”で、「ごちそうをくれないと、イタズラするぞ!」になりますが、

 

もてなす相手子供たちなので、実際には「お菓子(=ごちそう)をくれないと、イタズラするぞ!」の意味になります。

f:id:nil-blog:20190911180927p:plain

 

子供たちの“Trick or Treat”は、本来悪霊たちセリフなのです。

 

ハロウィンの時期は、あの世からご先祖様を迎え入れる際、悪霊一緒にやって来るので、悪霊除けかがり火や仮面などで仮装しました。

 

また、子供たちに悪霊を演じてもらい、玄関先で”Trick or Treat”と言われたら、“Happy Halloween”や”Treat”と言って、満面な笑顔でお菓子を渡し、悪霊を歓待した事にしてもらうのです。

f:id:nil-blog:20190911175410p:plain

 

もし”Trick”と返事したら、イタズラされることを覚悟しましょう。

f:id:nil-blog:20190911142812p:plain

 

 === ここまで約390字です ===

 

関連記事の紹介

www.nil-blog.com

 

 >>> 1分間スピーチ!雑学ネタ帳の一覧表は こちらから どうぞ 

 

まとめ

会社や集会などでスピーチに困ったことはありませんか?

人前で話すことが苦手な人に、1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタを紹介します。

1分間に話す文字数の目安は300字と言われています。

スピーチが不慣れな人は、300字よりも少なめの文字数で準備し、落ち着いて少しゆっくり目に話されることをお勧めします。

3分間スピーチの場合は、その約3倍の900字が目安になります。

よろしかったらご参考にしてみてください。

くれぐれも時間厳守でスピーチ頑張ってください。 

最後までご覧くださいましてありがとうございました。
次回もよろしくです。