nil-blog 楽しく暮らしましょう...

Blog超初心者が今からやれることをお届けします。

NHK「みんなのうた」といえば?【1分間スピーチ|雑学ネタ帳205】

【1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタの紹介です。】 

2021年4月3日、60周年(還暦)を迎えました。

1961年4月3日、「こどもたちに明るい健康な歌をとどけたい」というコンセプトで放送をスタートしました。

 

当時、高度成長期でテレビの普及が進み、次々に謡曲CMが誕生する中、こどもたちが真似をするようになったことを心配し、健康的な歌詞とメロディーの歌を届けたいとの想いで番組がスタートしました。

 

昭和、平成、令和の時代とともに、テレビとラジオの5分間の音楽番組として、約1500曲の楽曲が放送されました。

 

最初の曲は「おお牧場はみどり」です。

 

この番組からはヒット曲も生まれ、「山口さんちのツトム君」「切手のないおくりもの」「おしりかじり虫」などが挙げられ、100万枚を突破した曲もあります。

 

ちなみに、2021年4月で放送開始60周年を迎えるのは、「おかあさんといっしょ」「きょうの料理」「きょうの健康」などNHKを代表する長寿番組です。

 

次は、60周年(還暦)から70周年(古希)に向かって応援したいですね。

 
 === ここまで約370字です ===

 

関連記事の紹介

www.nhk.or.jp

 

>>> 1分間スピーチ!雑学ネタ帳の一覧表は こちらから どうぞ   

 

まとめ

会社や集会などでスピーチに困ったことはありませんか?

人前で話すことが苦手な人に、1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタを紹介しています。

1分間に話す文字数の目安は300字と言われています。スピーチが不慣れな人は、300字よりも少なめの文字数で準備し、落ち着いて少しゆっくり目に話されることをお勧めします。3分間スピーチの場合は、その約3倍の900字が目安になります。よろしかったらご参考にしてみてください。くれぐれも時間厳守でスピーチ頑張ってください。 

最後までご覧くださいましてありがとうございました。
次回もよろしくです。