nil-blog 楽しく暮らしましょう...

Blog超初心者が今からやれることをお届けします。

いちごは野菜? 果物? どちらといえば?【1分間スピーチ|雑学ネタ帳316】

【1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタの紹介です。】  

果実的野菜です。 

園芸学では、木の実果物(果樹)草の実野菜と分類しています。

 

いちごは草の実なので野菜に分類され、農林水産省作物の統計調査でも野菜に含まれています。

 

しかし、実際には果物と一緒に流通しているので、いちごは「果実的野菜」なのです。

 

いちごの実の部分は、実は表面にある“つぶつぶ(粒粒)”です。

 

小さな果実の中には種が入っています。

 

丸い赤い実は、花托(かたく)と呼ばれる部分なのです。

(花托は、果実になると果托(かたく)といいます。)

f:id:nil-blog:20210810091146p:plain

(引用:農林水産省HP)

 

いちごは、ビタミンCが豊富で、みかんやグレープフルーツの約2倍です。

 

ポリフェノールの一種であるアントシアニンも豊富で、疲れ目を予防する効果が期待されます。

 

いちごは、先端部から熟し、糖が多く蓄積するので、先端のほうが甘く感じられます。

f:id:nil-blog:20210810091234p:plain

(引用:農林水産省HP)

 

いちごの旬は、かつては4~5月頃の春先でした。

 

クリスマス需要に合わせて、12月~3月頃が収穫の最盛期です。 

 

 === ここまで約340字です ===

 

関連記事の紹介

▶ 美味しいいちごの見分け方と保存方法

いちごは、粒がしっかりと堅くてハリがあり、色鮮やかで赤色が濃いものを選びましょう。

大きいものが生育のよい良品です。

ヘタが青々としてみずみずしいものは新鮮な証拠です。

一般的には、ヘタに近い部分まで濃い赤色を帯びているものが甘さの目安です。

いちごは、収穫した後に追熟しないため、収穫後はそれ以上赤くなることも甘くなることもありません。

パックの底を見て、傷みがあるものや果汁がしみ出ているものは、古くなっているので避けましょう。

 

いちごは、生が一番おいしく食べられます。

いちごは、鮮度が命の野菜です。美味しく食べられるのは2~3日です。新鮮なうちにサッと水洗いして食べましょう。

いちごは、水分がつくと傷みやすくなるため、洗わずラップに包むか、冷蔵庫で保存します。食べる直前に洗いましょう。

長く保存したいときは冷凍します。冷凍する際は、バットで一つずつ凍らすのがポイントです。

完全に凍ったらポリ袋に入れ保存しましょう。

冷凍いちごは、牛乳・砂糖を加えてミキサーにかけると、「いちごスムージー」として美味しく楽しめます。

f:id:nil-blog:20210810091348p:plain 

www.nil-blog.com

 
>>> 1分間スピーチ!雑学ネタ帳の一覧表は 
こちらから どうぞ    

 

まとめ

会社や集会などでスピーチに困ったことはありませんか?

人前で話すことが苦手な人に、1分間(300字)で話せるおすすめの雑学ネタを紹介しています。

1分間に話す文字数の目安は300字と言われています。スピーチが不慣れな人は、300字よりも少なめの文字数で準備し、落ち着いて少しゆっくり目に話されることをお勧めします。3分間スピーチの場合は、その約3倍の900字が目安になります。よろしかったらご参考にしてみてください。くれぐれも時間厳守でスピーチ頑張ってください。 

最後までご覧くださいましてありがとうございました。
次回もよろしくです。